新電力の歴史

実は新電力というのは2000年から存在している、結構歴史があるものなんです。

 

しかし、最近になるまで新電力は一般人には関係の無いものでしたから、知っている人のほうが少ないでしょう。

 

ここでひとつ疑問となるのが、新電力は今まではどこに電力を販売していたのかということです。

 

これはデパートや工場などといった、とてもたくさん電力を消費するところ、ということになります。

 

少しくだけた言い方になってしまいましたが、実際こういった大口への販売を主にしているのです。

 

こういった大口の契約は2000Kw以上となっており、特別高圧電力と呼ばれる特殊な需要だけに答えていました。

 

それから少し時代が進み、中小ビルが多く作られてきたことによって、少し低めの電力プランができたのです。

 

そのプランというのが50Kwが最低ラインとされており、これでもまだ一般家庭にはあまり向かないと言えるでしょう。

 

それが、このたび電力自由化が進み、結果として一般家庭向けの50Kw未満の契約も可能となったわけです。

 

これにより、一般家庭だけでは無く、コンビニやあまり大きくないオフィスなどのそんなには大きくないが、電気自体は年中使っているような場所にも需要が出てくることでしょう。

新電力の信頼性は?

 

最近、従来の電力と異なり注目されているのが、新電力と呼ばれている物です。

 

今まで電力は、独占事業となっており、住んでいる地域で購入する電力会社は決まっていました。

 

しかし、新電力と契約する事で、今までとは違い、自分で電力会社を選び契約する事が可能になってきたのです。

 

今は、契約電力が50kW以上となっていますが、将来的には一般的な家庭でも新電力を使用する事が可能になってくると言われています。

 

そこで心配になってくるのが、新電力の信頼性です。

 

いくら、新電力で低価格だと言っても、なくてはならない電力の供給が安定しなければ意味がありません。

 

まず、送電システムにおいては、従来のままの送電線を使用します。その為、送電トラブルといった事は考えにくくなっています。

 

また、新電力が何らかの原因で電気を供給する事ができなくなった際は、他の電力会社から融通してもらう事ができるようになっています。

 

その為、契約者が停電などで困るといった事は一切なく、安定受給を受ける事ができるようになっているのです。

 

このように、万が一のバックアップも完全に行っている事から考えても、新電力と言う新しい電力において、信頼性は高いと言う事が言えると思います。