新電力に対するピーアール活動が重要

 今までの電気供給と比べたときに、新電力に対してはなかなか受け入れられない部分もあって当然です。

 

特に考え方の定まっている高齢者にすれば「今さら何も変える必要がない」と思っても不思議ではありません。

 

ただ、それではいつまで経っても新電力という良いシステムが日本中に広がっていきませんので、それが実現できるような努力を業者はしていかなければならないです。

 

それは、新電力に対する説明やピーアールや宣伝活動が意外と重要です。

 

 それら新電力の業者からすれば、自分たちのやろうとしていることはもう十分理解しています。

 

しかし、それが日本国民すべてに対して浸透しているのかというと、決してそんなことはありません。

 

理解度はそれぞれ違うでしょうが、浅い知識を有している人から深い知識を有している人までいるはずです。

 

ただ、現段階ではまだ言葉を知っているという人くらいが1番多いのではないでしょうか?

 

 日本人はただでさえ保守的だと言われていますので、たとえ多少お得さが目に見えていたとしても新電力へ切り替えない可能性は十分あります。

 

それならば、新電力を広めていく側が少し過剰なくらい説明やピーアールや宣伝活動をしていってもやり過ぎということはなく、それをしていって欲しいです。

一般家庭でも新電力と契約可能になります

 

2016年の電力自由化に伴い、一般家庭でも、いわゆる新電力と契約できるようになります。

 

今までは、電力といえば、いわゆる既存の大手の会社としか契約できませんでした。

 

しかも、それは地域によって定められています。そんなことから、電力業者の選択というものは、規制が多いものでした。

 

それが、2016年の春からは、状況が変わってきます。

 

電力が自由化され、一般家庭でも新電力と契約できるようになれば、電力会社の競争力も高まってきます。

 

そして、それは、わたしたち顧客に対するサービスの向上にもつながります。

 

そのため、電力の自由化という動きは、好ましいものだと考えていいでしょう。

 

さて、新電力との契約ですが、地域によって、契約できる会社が異なります。

 

そして、場所によっては、まだその恩恵にあずかることができなかったりします。

 

そういった点で、まだまだ未知の部分があると考えてもいいでしょう。

 

そして、実際に自由化されてからも、いろいろと問題点が出てくるかもしれません。

 

しかし、今までは、電力事業者というものは、ほとんど独占状態だったのでした。

 

そのために、サービスなどに不満を感じる人も多かったのでした。こういったことが解消されれば、新電力というものはありがたい存在になるといえます。